gleich zum inhalt springen

ブームに踊らされるわたし

数年前、友人の子供がポケモンにはまってグッズやらゲームやら買い与えてるのを見て、
「もうちょっと我慢させないと、ありゃダメだわ」なんて心の中でため息をついていた私。

ピカチュウは確かに可愛いけど、そこまでする~?と、クールに眺めていた。

そんな私も気がつけば保育園児の母になり、時代は今まさに「妖怪ウォッチ」一色である。

よそ様の家庭状況にはあれほど冷静になれていた私も、
可愛い息子がメダルが欲しい、ゲームがやりたいというと、なんとかしてやりたいと必死になってしまう。

ブームに踊らされているなあ、と思うものの、息子と共通の会話が嬉しくて、一生懸命妖怪の名前と必殺技を覚えてみたり、キャラ弁をつくってみたり。
こんな私のことを、きっと誰かが「あんなに甘やかしちゃって」とクールに見ていることだろう。
時代、ですね。

user in nocategory on 5月 12 2014 » Comments are closed.